ストラテラの効果や効能はいかに

ストラテラは注意欠陥多動性障害の治療に使用される薬ですが効果時間はどの程度で、半減期などはどうなっているのか、薬そのもののことについて知った上で服用することが大事です。ここでは詳しく見て行きたいと思います。

血液濃度が高くなるのは?

血液濃度が一番高くなることを血中濃度が高いといいますが、ストラテラの血中濃度が一番高くなると言われているのは服用してから2時間後が一番高くなります。そして4時間後には既に血中濃度は半分にまで下がるとも言われています。血中濃度を知ったからといって何か対処しなければいけないというわけではないのですが、血中濃度を知っておくことで、ある程度自分がいま薬を飲んでいてどの段階にいるのかを知ることが出来るでしょう。ストラテラは即効性はありません。そのために効果が現れるまでには時間がしばらくかかります。

即効性がないので

私たちが普段身近に服用している頭痛薬などは即効性がありますので、服用してから遅くても1時間から2時間くらいすれば痛みが改善されてくるでしょう。これは即効性が有る薬だからです。しかしストラテラの場合には、服用してからしばらくは効果が現れません。だいたい効果が安定して現れるようになるまでには6週間から8週間はかかると言われていますので、2ヶ月は様子を見ておいたほうがいいのかもしれません。飲んですぐに落ち着きを取り戻すことができるというわけではありません。飲み始めても全く効果がないと諦めるのではなくて、効果が現れるまでには時間がかかるのだということを理解しておきましょう。飲んでも改善されないと言って途中でやめてしまう人もいるのですが、効果は2ヶ月くらいしてから出てきます。

関連する記事