ストラテラの長期服用について

ストラテラの長期服用が必要な場合もあるでしょう。治療に時間が掛かり長期的に服用しなければいけないこともあると思いますが、その際は必要におじて休薬期間などを儲ける必要があります。医師によって指示がありますので、それに従いましょう。

ストラテラは休薬期間が必要

ストラテラは休薬期間が必要です。定期的にその効果を再評価していく必要が有るのです。臨床試験では、ストラテラを飲んでいる小児の患者さんに対して、自殺念慮が見られたり関連した行動が起きるということがわかっています。そのためにこうした症状が起きて自殺をしてしまったり、危険なことにならないためにも、服用中は注意して観察しなければいけないのです。これは18歳未満の場合には家族にも伝えられるために、服用中は家族もそれに対して注意する必要があるでしょう。

注意欠陥多動性障害は攻撃性が有る

性格が攻撃的だとか、敵意があるといったことがありますが、これらの症状はストラテラを服用していても現れると言われています。またそれが一時的に悪化することもあると報告がありますので、改善されていないので効果がないのではなく、悪化することもあるのだということは理解しておきましょう。通常量服用していてこれまでに、精神病の既往がない人は場合によっては幻覚が現れることもあります。

幻覚があらわれた場合

幻覚やその他異常な症状があらわれた場合には、ストラテラと関係が有るのかどうかを考える必要がありますので、使用の際に医師に相談することが求められています。症状の改善の経過も含めて薬を処方されたら定期的な受診が必要と言われています。用法や用量はすべての人に同じではなく年齢や症状によっても違いが有るので医師の指示に従いましょう。

関連する記事